ARS新宿カイロプラクティックセンター 高田馬場店Top» ブログ

ブログ

脊椎動物にとって背骨は生命活動の大黒柱〜4

さて生命維持の最たる中枢神経系は2つです。 脳と脳から伸びている脊髄です。 脊髄は根っこのような形をしており、 脳は頭骸骨、 脊椎は背骨の中心にある 椎孔というトンネルの中を通っており 各々固い骨に保護され、 可動性のある背骨はその周りの靭帯や筋肉で層となり、 しっかりと覆われています。 ・ 脊髄はさらに背骨及び 骨盤の真ん中にある仙骨の左右から切痕と呼ばれる 小さな開口部があり、 ここから脊髄神...続きを読む

脊椎動物にとって背骨は生命活動の大黒柱〜3

3つのカーブの強度を数式で表現すると (N×N)+1となり、 Nは背骨のカーブの数を当てはめ健康な 背骨は強度10になります。 しかしストレートネック等でカーブが 1つでも失われると背骨強度は(2×2)+1=5、 つまり半分になってしまいます。 この状態のままですと S字カーブの彎曲移行部(前から後ろ、後ろから前 といったカーブの切れ目の部分)を中心に重量分散が うまく出来なくなり過度の負担が、弱...続きを読む

脊椎動物にとって背骨は生命活動の大黒柱〜2

では背骨の構造と健康との関係について 少し触れてみたいと思います。 ・ 頭蓋骨の下からまっすぐ繋がっている背骨ですが、 上から頚椎(首の骨)、 胸椎(胸の骨) そして腰椎(腰の骨)を経て 骨盤につながっています。 その数は上から7椎、12椎、5椎。 骨の間に関節があり、 可動域の多い頚椎と腰椎の数を足すと12個、 左右に肋骨が付き、関節の可動域を一定条件で制限し 内臓を保護している胸椎が12個と ...続きを読む

脊椎動物にとって背骨は生命活動の大黒柱

カイロプラクティックの施術は 背骨を中心とした骨格のアライメントと関連する神経、 そして骨格筋を調整することにより自律神経を整えたり、 阻害されていた神経伝達経路を正常な状態に整えることにより 痛みからの開放だけでなく、 ヒトが本来持っているケガや病気からの回復や 外敵要素からの体を守る力つまり、 自己免疫力の活性化へと導いてゆきます。 ・ いつまでも健康でありたいのは 万人共通の願いでもあります...続きを読む

感染症とウィルス〜3

さてウイルスには抗生物質は殆ど効かないと 言われています。 ではどうするのか? 私達の体の中には免疫機構が備わっています。 ・ 免疫とは生体内に侵入した微生物 つまり自身にとって異物であると判断する とその異物の捕獲に向けて 血液内(白血球)や細胞内の免疫組織が 盛んに活性化し臨戦態勢をとり、 どんどん異物を捕獲し、死滅させます。 また一度捕獲した異物はメモリーされ 再び侵入しても素早く捕獲し 病...続きを読む

感染症とウィルス〜その2

細菌は 細胞核を持ち遺伝子構造のDNAと DNAのコピーであるRNA双方を持っており、 自己生産が出来る生物です。 なので化学物質への感受性があり 核を壊せばやっつけることが出来ます。 病院で処方される抗生物質(抗菌剤)は まさに生物学特性を利用した治療法です。 ・ さて一方の ウイルスですが 何とも生物の最小単位である核は持っていません。 よって生物ではなくモノとして定義されています。 ・ 遺伝...続きを読む

感染症とウィルス

久しぶりのブログです。失礼しました。 ↓ 冬の寒い季節ですが、 皆さん乾燥対策はとられていますでしょうか。 この時期、 インフルエンザや中国で猛威を振るい始めているコロナウイルス の話題を毎日耳にしますが、 そもそも、感染症とは何なのか、 なぜウイルスは次々とヒトへうつるのか、 簡単にお話したいと思います。 ↓ 医学の世界で感染とはある病原体が 何らかの形で生体(つまり生き物)と 接触して本来病原...続きを読む

頭痛のいろいろ4

この頭痛の特徴は 首の後ろ側からこめかみにかけて 締め付けられるような痛みで ズキンズキンと血管の拍動を感じる ②の血管性頭痛とは全く別物です。 ・ これはアゴが上がった姿勢が続くときにおこる 頭痛なので横になり 頭の重さから首の筋肉を開放すれば 痛みは治まりますが 日常生活ではそうはいきません。 ありふれた頭痛なのですが、 原因が判らないと 頭痛薬では間違った対処療法 となってしまいます。

頭痛のいろいろ3

例えば 背筋を伸ばし、 首の後ろ側の中心から 真横のくぼんだ部分を 両手3本の指で柔らかく揉んでみて下さい。 筋肉は硬くないはずです。 今度は指はそのままにし、 背中をストンと丸めてアゴを上げてみて下さい。 筋肉がグッと硬くなるはずです。 ・ この姿勢が続くと収縮した筋肉は 苦痛を訴え始めます。 →首こりの始まりです →首の後ろ側が痛くなります →そのうち頭痛が起こります。 緊張性(または萎縮性)...続きを読む

頭痛のいろいろ2

筋緊張性頭痛 筋緊張性頭痛の原因は 首の状態から比較的容易に判断できます。 悪い姿勢、 つまり体を横から見て 頭が常に両肩より前に出ている状態 から起こります。 この姿勢が長く続くとアゴが上がり 首の後ろがむくむようになります。 首の後ろ側の筋肉が頭の重さを支えるため 無理に収縮させられている訳です。 →筋肉が緊張した状態なのです。 ・ 円背(猫背)の方、 スマホやPC等のディスプレイと 長時...続きを読む

03-5937-2226

東京都新宿区高田馬場4-4-34 第2ARSビル5F

営業時間: 10:00~20:00(平日)
10:00~17:00(土曜日)
12:00~18:00(日曜日)

TOPへ